2023

任天堂、ゼルダの伝説の実写映画を開発中

任天堂は8日、人気ゲーム「ゼルダの伝説」の実写映画制作を発表しました。なんと制作費の50%以上を任天堂が出資したそうですよ。かなり太っ腹ですね。太っ腹と言えば、ミスターベット 入金不要ボーナスですよね。最近、入金不要ボーナスがもらえるカジノはめっきり減ってきましたから。今年4月に公開された映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」はみなさんご存知の通り、世界的なヒットだったので、ゼルダにも期待がかかりますね。

「ゼルダの伝説」は子供の頃からの夢だったと語るボール監督

任天堂の人気ゲームシリーズ「ゼルダの伝説」の実写映画化が発表されました。監督には、『メイズ・ランナー』シリーズなどで知られるウェス・ボールが起用されることに。ボール監督は、このプロジェクトについて「ゼルダの伝説は、子供の頃からの夢だった」と語っていたそうです。

ボール監督はゲーム好きで知られる映画監督の一人です。彼は、自身のTwitterで度々ゲームに関する投稿をしており、特に「ゼルダの伝説」シリーズに対する愛情が深いことが伺えます。ボール監督は2017年に発売された「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」について「これは、私が映画化したいゲームのナンバーワンだ」とツイートしていました。

ボール監督はこの度の映画化のオファーに対して「本当に光栄だし、信じられない」と感激の様子を見せたそうです。また「ゼルダの伝説は、私の人生に大きな影響を与えた作品であり、私の創作の原点でもある。この作品を映画にすることは、子供の頃からの夢だった」と述べました。ゲームのファンとして、映画にもゲームの魅力を忠実に再現したいという意気込みを語りました。

ボール監督の過去作品と「ゼルダの伝説」の相性は?

ボール監督は、これまでに『メイズ・ランナー』シリーズや『プラネット・オブ・ザ・エイプス』の新作など、アクションやSFの作品を手がけてきました。彼の作品は、迫力のある映像やスピーディな展開が特徴です。自身の作風について「私は、観客をワクワクさせるような映画が好きだ。私の映画は、常に冒険心や驚きを持って観てもらえるように作っている」と語っています。

「ゼルダの伝説」は、冒険やアクションが満載のゲームです。プレイヤーは主人公のリンクとなって、広大な世界を探索し様々な敵や謎に立ち向かっていきますよね。ゲームの魅力は、自由度の高さや発見の喜びにあると言えると思います。ボール監督の作風は、このゲームの特徴と合致しているでしょう。

ボール監督は「ゼルダの伝説」の映画化にあたって、「ゲームの世界観やキャラクターを尊重しつつ、映画ならではの演出やストーリーを加えていきたい」と述べました。「ゲームのファンはもちろん、ゲームを知らない人にも楽しんでもらえるような映画にしたい」という野望を持っているそうです。

実写版リンク役には誰がキャスティングされるのか?

「ゼルダの伝説」の映画化において、最も注目されるのは主人公のリンク役に誰がキャスティングされるのかということですよね。リンクはゲームのシンボルとも言えるキャラクターであり、ファンからの期待も高いと思います。リンクは一言も喋りませんが、勇敢で正義感の強い少年として描かれています。また容姿はゲームの作品によって異なっており、一定のイメージがないという特徴がありますね。

リンク役についてまだ決まっていませんが、リンクのキャラクターに合った俳優を探しているそうですよ。リンクは言葉ではなく、行動や表情で感情を表現するキャラクターなので、演技力の高い俳優が必要ですね。

宮本茂が「ゼルダの伝説」の映画化にあたっての想いとは?

「ゼルダの伝説」の実写映画化において、プロデューサーの一人として名を連ねるのは、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏ですよね。宮本茂氏はゲームデザイナーとして「ゼルダの伝説」シリーズの生みの親であり、マリオやピクミンなどの名作を世に送り出したクリエイターです。宮本茂氏はこの映画化について「ゲームとは異なる表現方法で、ゼルダの世界を広げることができると期待している」と語っています。

また宮本氏はゲームと映画の違いについて「ゲームは、プレイヤーが主人公となって自分の意思で物語を進めるものだが、映画は、観客が主人公の視点や感情に共感しながら物語を見るものだ」と述べています。「ゲームと映画では、物語の伝え方や演出の仕方が異なるので、その違いを理解しながら、ゲームのファンにも映画のファンにも満足してもらえるような作品にしたい」という意向を示したそうですね。

宮本氏は映画のプロデューサーとして、監督のウェス・ボールや共同プロデューサーのアヴィ・アラッドと密に連携しながら、映画の制作に関わっています。「ゼルダの伝説」の映画化にあたって、「ゲームの世界観やキャラクターを尊重しつつ、映画ならではの魅力を加えていきたい」とすごい意気込みですね。「ゼルダの伝説」の映画化は、「ゲームとは異なる新しい挑戦だが、それだからこそ、面白いことができると思う」と語ったので、実際にどんなゲームになるのか本当に楽しみです。

-2023